ベジタリアンではない方にも好評、えんどう豆ミートで作ったキーマカレー

えんどう豆ミートで作ったキーマカレー

えんどう豆たんぱくの代替肉で作ったレトルトカレー「えんどう豆ミートで作ったキーマカレー」の発売から1週間、いち早くお買い上げくださったお客様からの感想が届いています。

自信を持って送りだした商品ながら、新しいコンセプトのヘルシーカレーが、果たしてお客様に気に入っていただけたかどうか心配していました。

しかし、早速お喜びの声をいただき、まずはほっと一安心しています。

「えんどう豆ミートが気になるけど、どんな味だろう?」という疑問をお持ちの方には、お食べ頂いたお客様の声が何より参考になると思いますので、その一部をご紹介させていただきます。

えんどう豆のベジミートに対するご感想

えんどう豆のベジミート(代替肉)に対する代表的なご感想です。

 

・「クセがなく食べやすかった。」

・「弾力ある食感がひき肉のよう。」

・「ソイミートと似ているが、食べやすい。」

・「大豆で作った代替肉よりも肉らしさがある。」

・「えぐみがなくて食べやすい。」

・「チキンのような感じで美味しい。」

・「肉の食感が出ている。」

 

もちろんネガティブなご評価もあります。

・「食感が安い肉のようだ。」

 

えんどう豆ミートの「肉っぽさ」に好評価をくださり、本当にありがとうございます。

また、率直なご意見もいただき、ありがとうございます。

えんどう豆ミートは、脂質をほとんど含まないので、本物の豚や牛から滴る肉汁や油がありません。

そのため、「噛みごたえが肉なのに肉汁が出ない!」という驚きを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

噛みごたえはまさに脂肪が少ない肉です。そして弾力があります。

もし、某カップ麺の謎肉を想像されているとしたら、かなりイメージとは異なると思います!

お客様にご指摘ご評価いただいたように、えんどう豆ミートの一番の特徴は、「弾力ある食感」だと思います。

貴重なご感想

お客様からは、こんなありがたい声も頂戴しています。

・「えんどう豆ミートが思った以上にクセがなくびっくりです。香辛料の香りが食欲をそそった。」

・「ソイミートは以前から食べていました。えんどう豆は初めてです。(中略)アレルギーフリーというのがとても良いと思います。」

・「ビーガンで、化学調味料不使用、グルテンフリーはとても良いと思います。」

・「えんどう豆ミート!気に入りました。」

・「美味しかったのでまた購入しようと思う。」

もっとこうして欲しい!

また、本当にありがたいことに「もっとこうして欲しい」というご要望もいただきました。ご購入を検討中の方には、リアルな意見が参考になると思いますので、ご紹介させていただきます。

・「もう少し辛くても良い」

・「キーマカレーなら、もう少し材料が細かい方が良い。」

・「グリーンピースなどで彩りが加わると良い」

・「野菜はもう少し大きい方が良い。」

・「食感にアクセントが欲しい。」

 

辛さに関するご意見は多かったです。多くの方に楽しんでいただけるように、「甘口・中辛・辛口」のバリエーションがご用意できるように頑張ります!あるいは、辛さ調節スパイスを添付するというのはいかがでしょう?

男性からの貴重なご意見

関西にお住いの男性から、とても丁寧なご意見を頂戴しました。

ご本人にお許しを得ていますので、そのまま紹介させていただきます。

 

ベジタリアンでもフレキシタリアンでもないと仰るお客様。いつもは普通にお肉を食べていらっしゃる男性からのご意見は貴重です。

このカレーのモットーは「バリアフリー」で「ダイバーシティ」。みんなで美味しく食べることができるカレーを目指しているので、ベジタリアンの方にとって良いカレーでも、そうでない方にとって、好ましくないカレー、はっきり言えば「美味しくないカレー」、我慢して食べるものでは合格点にはなりません。

えんどう豆ミートに対して「偽物感」「ガッカリ感」が「皆無!」というご評価、及第点をいただきました!!

おすすめの食べ方

最後に、1つお願いがあります。

「えんどう豆ミートで作ったキーマカレー」をご購入くださったお客様、またこれからご購入くださるというお客様、このレトルトカレーは、ぜひ熱湯で温めてご賞味ください。

レトルトカレーなので、袋から出して電子レンジで温めは可能です。(パッケージにもレンジの温め方を記しているのですが。)

袋ごとお湯で温める方が絶対に美味しく召し上がっていただけます!レトルトカレーのメリットは簡単さにあることは承知の上でのお願いです。

別の商品?というくらいに味が変わります。

ぜひともお湯でしっかり温めて美味しくお召し上がりくださいませ。

「えんどう豆ミートで作ったキーマカレー」の詳細はこちら

other post

トップへ戻る